VOC@LOID歌詞置き場

VOCALOIDの歌詞を置いていきます。誤字脱字報告、リクエストがある場合は、メールからどうぞ遠慮なく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初音ミク】 パケットヒーロー  【歌詞】



作詞:maretu
作曲:maretu
編曲:maretu

つたう温もり、焼き付いた夢心地
噛み付くように触れ合って!
誰も信じない当ても無い未来
死んじゃうまで強く感じたいな…ってさあ、
おかしーな、
きみの怖さに触れたいよ。
張り裂ける想い、恋と貼り替えていけ!

くだらない「タカラモノ」だからこそ
素直には手放せないんだな。
布団の中 ありったけの鼓動、
今日もゴミにしていた?

だいたい変わらない、浅い繰り返し
本能的にいじくって!
誰も帰れない当てもない未来
泣いちゃうまで深く感じたいな…ってさあ、
かわいーな、
きみの弱さが愛でたいよ。
「いっそのこと…」と諦めるきみが好き!

止まりそうだ息の音 聞き取れない
何がしたいのか わかれないんだな、
思い出すと疲れちゃうのだ
手を離さないでね?

たったひとつだけ守っていた証をすぱっと切って
見返りめがけて こじ開けていた?
つまらない今日 日、詰まる距離見張ってないで
今、やっと気づいたんだ、
ぱっくりあいた傷口に!

メイキング動画追っかけて 拙い言葉を吐きかけよう
…で、キックオフだ後半戦 くたびれた帆をはりますと、

まさかまさかの干上がった不定期航路
あいた傷口がふさがらないなあ…

本性わからない!
痛いとこばっか感動的にいじくって。
長続きしない生ぬるい眩暈
壊れるまで漬かり浸かりたいな…ってさあ、
うれしーな。
嫌われたって幸せだ、
「大好きだよ…」とうつむく、きみが好き…でさあ、どうしよう?…こうしようか!

そこに ねっとりあふれた無邪気さだってさ
ぐったり破れて消え失せるなら、
こっそり心をきつく縛ってみせる!

セッセッセッセッセ…と、れでぃーふぉーゆあーらぶ

涙目掃き溜め 代わり映えの理由、
聞きたくない。痛い痛い泣いていたい
甘ったるい声、匂いに夢中

ちゅっちゅっちゅっちゅっちゅっ…で、れでぃーふぉーゆあーらぶ

たったひとつだけ黙っていた秘密を切り開いて
生傷だらけの愛を生むんだ?
つまらない今日 日、詰まる距離見張ってないで
今、やっと気づいたんだ
ざっくり裂けた左胸!

愛とかいうもの追っかけて どぎつい痛みに酔いしれよう、
誰彼構わず声かけて 地に着く足を探している

こじれきった夢 削ぎ取って空っぽだった私、
あの日から、おとなになったみたい。

いつまで泣いていたい…?
「何もわかっていない!」

【IA】 ロベリアの追懐 【歌詞】



作詞:ゆうゆ
作曲:ゆうゆ
編曲:ゆうゆ

どうして 今 涙あふれてくるの
あなたの事 忘れてたはずなのに

こうして何故 一人ぼっちの空で
落ち続けているかも わからないんだよ

廃屋の照明が 壊れかけたオルゴールと
寄り添って不思議がった それはもう戻らない

ねぇ あなたが―― 見えなくなって
あれから―― どれ程経つでしょう

ウソつきな鏡の前 全て覚えていたの
歪む口の両端を ひどくつり上げたままで

こうしてまだ 笑えるココロの型
あなたの事 諦めきれないまま

追憶の情景が 新たな想いを成してく
寄り添って不思議だった あれがそう答えだ

ねぇ あなたが―― 焼きつけていった
喜び悲しみ憎しみ全てが この身を焦がすの

あなたが―― 去った跡で
燃えても枯れてもそれでも今でも 咲き続けてるよ

ウソつきを重ねる中 一つだけ本音言うよ
砕けた肖像画の前 ひどく歪な笑顔で

【初音ミク】 雨音ノイズ 【歌詞】



作詞:40㍍P
作曲:40㍍P
編曲:40㍍P

通り雨が降りそそぐ
傘もささず立ちすくむ僕ら
逃げ込んだ屋根の下で
暗い空を見つめてた

時間だけが遠ざかる
ノイズのような雨音の中で
傷つかない言い訳を
君は探し続けてた

枯れるほど泣いて
飽きるほど泣いて
それでも足りないほど泣いて
都合よく流れる
悲しみの雫
その涙は誰のもの?

どんな言葉並べても
僕の心は変わらないから
せめて今は本当の
君の気持ちを聞かせて

枯れるほど抱いて
飽きるほど抱いて
それでも足りないほど抱いて
ひとつになれたとか
夢を見てたのは
他でもない僕だった

雨宿りのような恋は
いつか終わりを告げると
はじめから知ってたのに

誰のせいだとか考える度に
出会わなければ良かったなんて
くだらない答えにたどり着くだけで
何も変わりはしないの

枯れるほど泣いて
飽きるほど泣いて
やがて冷たい雨も止んで
サヨナラのかわりに
微笑んだ君の
その笑顔は誰のもの?

最後にもう一度 君に触れたくて
僕はこの手を伸ばした

それすらもできなかった

【鏡音レン】 厨病激発ボーイ 【歌詞】



作詞:れるりり
作曲:れるりり
編曲:れるりり

そうさ 俺は目覚めてしまった
特別なチカラ 持ってしまった
このバリアの前には
どんな奴らも無力だぜ

天使か悪魔の生まれ変わりか
見えないものが見えてしまうんだ
右腕が疼き出した
覚醒の刻はまだ早い

子供じゃないし大人でもない
哲学ピアスぶち開けて
カシオレ唐揚げレモンをかけたら さぁ!
(飲んで飲んで飲んで飲んで)

こじらせちゃってパンパカパッパッパーン
孤独と屁理屈の闇に紛れて
特効薬は見つからない
男に生まれた宿命だから
本当の自分探すため 放て俺のサーチライト!

そうさ 俺は目覚めてしまった
強大なチカラ 持ってしまった
俺の背後に立つのは
危険だからオススメしないぜ

チラチラ視線感じてる
そんなに俺が気になるのかい?
生憎、タイプじゃないけど
来いよ、クレバーに抱いてやる

イケメンじゃないし one night love
俺色カラーで染め上げて
とりあえず生でテンション上げたら さぁ!
(ご馳走様が聞こえない)

こじらせちゃってパンパカパッパッパーン
理想と現実の狭間で揺れてる
解決策は見当たらない
刹那を貪る運命ならば
愛する人を守るため
エターナルフォースブリザード!

おかけになった電話は 電波の届かない場所にあるか
電源が入っていないか
可愛い女の子じゃないとかかりません
××をお確かめの上 おかけ直しください

こじらせちゃってパンパカパッパッパーン
孤独と屁理屈の闇に紛れて
特効薬は見つからない
男に生まれた宿命だから

こじらせちゃってパンパカパッパッパーン
理想と現実の狭間で揺れてる
解決策は見当たらない
刹那を貪る運命ならば
本当の自分探すため 放て俺のサーチライト!
エターナルフォースブリザード!

【鏡音リン・レン】 十三番目の黙示録 【歌詞】



作詞:ひとしずくP
作曲:ひとしずくP
編曲:ひとしずくP・やま△

深い茨(いばら)の城で 独り眠り続けて
今日は【誰】を夢見る? 呪われたお姫様

不思議な夢の森で 出会った美しい人
儚く揺れる瞳に 心を奪われた

厳(おごそ)かに手を取り合って 合わせ鏡のように
泡沫の夢と 知りされど
刹那の熱を求め合う

紡がれたのは運命(さだめ)の糸
夢の中でさえも 鮮やかに舞う
呪われし身は 夢中をさすらい
まやかしの 愛に溺れていく
糸巻きて絡み付く 欲望に囚われ
十三番目の錘(つむ)が刺す呪いのように…
運命論者の妄想の果て 閉ざされた夢なら
夜明けさえ捨てて 君と彷徨いましょう

夢に見たあの君を 忘れられず求めて
必ず救い出すよと誓って 旅に出た

愛しいあなただけが頼り……お願い、私を助けて…
今行くよ…… 「早く……」 すぐに……
【百年の眠り】が解ける、その前に……

閉ざされた塔に 眠る君を
この命賭(と)しても、きっと救い出す
呪われし身は 夢中をさすらい
ひたすらに【その時】を待ちて……
百年もの時が経ち 風化された【真実】
十三番目の棘が刺す【破滅の忌み子】
無神論者の逃走の果て 閉ざされた城まで
何もかも越えて 君と抗いましょう

閉ざされた茨の道を 薙ぎ払い 突き進めば
待ちわびた君の元へ
永遠(とわ)の愛を契り交わし 眠りは解ける……

開かれた目に溢れ出した
その涙を拭い、ただそっと抱きしめる
「待ち焦がれた……愛しき人よ」
さあ 今すぐ、眠りの姫を、

「殺して……!!」

紡がれてゆく 運命(さだめ)の音
残酷なる色は 鮮やかに鳴る
呪われし身は 夢中から醒めて
真実への姿へと変わる……
十三番目の封印が解け 蘇る【災い】
破滅へのプレリュードを奏でる前に…… 「早ク……」
運命論者は手を取りて 窓辺から飛び立ち
ともに墜ちて逝く 二人、夢の世界へ……


 | HOME |  »