VOC@LOID歌詞置き場

VOCALOIDの歌詞を置いていきます。誤字脱字報告、リクエストがある場合は、メールからどうぞ遠慮なく。

【初音ミク】 文学者の恋文 【歌詞】



作詞:doriko
作曲:doriko
編曲:doriko

言葉をあなたに捧ごう
この僕の心と同じ憂いを文字に籠めて
どれだけ綺麗に描けたならあなたに届くのか

涙零した二つの少し離れた雨傘
あなたの声が聞こえない
雨音が邪魔をした

初めて誰かに恋をしてた
きっとあなたも気づいていたね
胸を裂く切なさを手紙に綴ろう

言葉をあなたに捧ごう
この僕の心と同じ憂いを文字に籠めて
どれだけ綺麗に描けたなら伝わるだろうか
言葉にできないなんて逃げ出せない
まるで一人孤独な文学者
僕が綴り上げた言葉でこそ
届けてみせたい

変わらず空は晴れない
二つ並んだ雨傘
あなたの指に触れた日
雨音が遠くなる

拙い手紙を渡したけど
雨に滲んだ文字が読めない
それでも「ありがとう」とあなたは笑った

言葉をあなたに贈ろう
もう一度いつか必ず渡すと約束した
そうする自分が悔しかった
あなたの優しさも
飾らぬ言葉を書けば幼すぎて
姿もない「誰か」に笑われた
その時忘れてしまったもの
幸せの中に

寄り添う月日は黄昏ゆく
僕らに残された時間は
あと僅かだと知っているのか
目を閉じあなたは呟く
「最後に願いが叶うのならあの日の手紙を下さい」と
ただ言い残して眠りにつく

例えば「好き」と一言の手紙でも
あの人は大切にしてくれたのだろう
本当は自分も分かっていた
けどできなかった
心を綴ることから逃げ出した
僕は一人無力な文学者
語ろうとしてた「誰」のために

誰のために?

だからせめてまたあなたに会うときは
あの日の僕が続きを渡すから

ペンを走らせる窓の外に
雨音が響く

FC2 Management

【初音ミク】 Twinkle World 【歌詞】



作詞:八王子P・q*Left
作曲:八王子P
編曲:八王子P

キミの体温感じてる いつも口ずさむあのメロディー
覚えちゃうくらいのキョリで 同じごはん食べてても
どうしてこうも違うのかな 今は何考えてるの?

この部屋にひとりは広すぎるみたい
ねえ早く帰ってきて My Sweet Prince

ふたりのセカイ ふたりのミライ
一生のお願いはイラナイから

溢れる想い 溺れそうになったら
わたしがそこから救い出してあげるから

いつかおそろいで買った 色違いのクッション抱いて
寝てるキミを抱きしめる ベッドははんぶんこ
ずっとぎゅっとくっついてたら 同じ夢まで見ちゃうかもね

「このままセカイが終わりませんように」
「このセカイがずっとずっと続きますように」 願うの

思うだけじゃ伝わらなくて 声に出さないとわからなくて
もどかしくて わかってほしくて 無理しちゃって ケンカもして
離れてって 寂しくて 苦しくって 泣いちゃって
それでもずっと一緒にいたいの 好きだから

ふたりのセカイ ふたりのミライ
一生のお願いはイラナイから

溢れる想い 溺れそうになったら
わたしがそこから救い出してあげるから

キミのこと守るから

【初音ミク】 神教⇒Exclamation! 【歌詞】



作詞:やいり
作曲:やいり
編曲:やいり

君が今望んでいる願い事を
何でも叶えてやる この壷さえ買えばね

ちょっと犠牲伴うけど仕方ないでしょ?
個数に限りあります 早い者勝ち

嘘かな でも本当かな 心の隙間を狙い撃ち
「あなたこそ唯一の神様」と 言え 言え 言え

そして真実のダンス 僕と踊って
どうしようもない君と心中して
心臓溶かすほど回って
入信してよ 安心して 信仰心 

僕が今望んでいる 願い事を
何でも叶えてくれ 御代(おだい)はツケで夜露死苦。

怪しいな 胡散臭(うさんくさ)いな 疑惑の種が育っていく
慢心は 大きな怪我の元 

そして神聖なダンス 一人踊ったら
心頭火も また涼しくて
心臓溶かしたら死んじゃうから
身心ともに過信してる

嗚呼 あなたが全てだよ
そう 愛してるよ
決して 嘘など 無いから 信じて・・・

分身 慢心 渾身 関心 迷信 方針 伝心 前進 
送信 救心 投身 重心 意味深 御乱心

そして神聖なダンス 一人踊ったら
心頭火は やはり熱くて
心臓溶かしたら死んじゃうでしょ
心身ともに過信してる 

真実のダンス 僕と踊って
どうしようもない君と心中して
信じたら手を叩いて
入信したら 安心するよ 身と心 

【初音ミク】 アンチグラビティーズ 【歌詞】



作詞:ささくれP
作曲:ささくれP
編曲:ささくれP

新世紀ノンフィクション 僕は君と いま宙を描いて
相対サティスファクション こんな日を待っていた
たった一つの数式で 地球は馬鹿にでも為っちゃったんだ
僕らとうぜん今日も 空中でクシャミをする

「嫌いなものは何ですか。」
グラウンドに遺された足跡の様な声で呟いた
ざらついた瑕を見せようとはせずに

アンチグラビティーズ もうこんな世界みんな浮いてしまえ
アンチグラビティーズ 沈んだ気持ちにサヨナラできるから
アンチグラビティーズ クルマもヒトも明日の献立も
アンチグラビティーズ 空中でクシャミするクシャミをする

たった一つのキッカケで 世界はサカサに為ってしまった
僕らとうぜん今日も 空中で懺悔をする

「世界が回っているのは
万有の引力に憧れた人類遺産なのでしょう。」なんて
どうでも善いさ、そんな"ウワサ"

アンチグラビティーズ もうこんな世界みんな浮いてしまえ
アンチグラビティーズ 沈んだ気持ちにサヨナラできるはず
アンチグラビティーズ テレビもネコも黒板の注釈も
アンチグラビティーズ 空中でクシャミするクシャミをする

うすうす感づいてはいた この世界は、何も変わっちゃいない
うすうす感づいてはいた この気持ちは、何も何も変わっちゃいないいない

アンチグラビティーズ きょうもあしたも どうでも善い事も
アンチグラビティーズ 空中で懺悔する懺悔をする
アンチグラビティーズ ああこんな世界浮いた話すら無い
アンチグラビティーズ カラっぽのカラダそらしてコンニチワ

ラララ どうしようも無かったんだって 想わせて呉れて善いじゃないか
「抗いたいのは重力なのかい?」
-重力が嫌いだったわけじゃなくてホントはずっと 逆立ちできない自分が嫌なだけさ-

【初音ミク】 盲目リンゴ 【歌詞】



作詞:じっぷす
作曲:じっぷす
編曲:じっぷす

愛と逢う前 私はそこに在るだけ
「淋しい当然」だったけど 君が変えてくれた

感謝なんて そんなものじゃ…

言葉に頼らなくても 好きは伝わるって
頼りない言葉でもね ちゃんと響くから

新しい自分全てが 君で満ちてた
もしも別れが来たなら 私どこへゆくの?

なんて そんな愛が笑う

君が教えてくれたね 強く願うこと
君が心に居るから 弱さ見せるんだよ

夢に出てくる 亀裂だらけのリンゴ
あと少しだけ堪えて

君以上に君のことがわかる私でも
君の中のキミの音までは 見えなかったよ

悲しい気持ちもいずれは 星に変わるんだって
また一つ学んでゆく先は長いよ
前を向いて

ねぇ、好きな人出来てますか?
見えますか?

 | HOME |  »